最高の焼き芋つくるなら「紅はるか(さつまいも)」2

近ごろ販売がはじまったばかりのさつまいも「紅はるか」。
今月2月の発売開始早々、なのですが、もうすぐ販売終了です!!スイマセン💦

今回はじめてお取り引きをさせていただいた都合上、短い期間での販売となりました。
次の収穫時期(9月頃)には、しっかりと早めにご案内したいと思います。

↑今年度(2021年)のお芋の収穫量の都合上、販売は12月以降となります。大変申し訳ございませんがしばらくお待ちくださいませ。

そのときはどうぞ、よろしくお願いいたします。

さて「紅はるか」については前回のブログに書きましたが、栄養もボリュームもありつつ、本当に美味しいさつまいもです。

今回は焼き芋やそれ以外のさつまいもをつかったレシピをご紹介していきたいと思います。よろしければぜひ!お試しください。

手軽にできる焼き芋レシピ

寒い時期に熱々の焼き芋、本当に美味しいですよね。作り方は簡単。落ち葉をはいて集めたら、そのなかに・・・というのはお住まいのエリアによって難しいので、魚焼きグリルや電子レンジ、オーブントースターでつくって食べ比べてみました。

なおさつまいもは、加熱すると70度ほどでさつまいもに含まれるでんぷんが分解されて糊状に変化し、糖となり甘くなります。でんぷんの分解時間に時間をかけるほど糖が多く出て、より甘みが増すそうですよ!

魚焼きグリル

① 魚焼きグリルの受け皿に水をはります。

② 丸のままの紅はるかを水洗いし、水がついたままの状態で魚焼きグリルに入れます。

③ 30~50分ほどグリルします(グリルする時間は、紅はるかのサイズなどによって調節してください)。我が家の魚焼きグリル(片面焼き)では40分ほどかかりました。
  特にひっくり返したりしませんでしたが、全体的にやわらかく火が通っていました。

←バターを塗っています。子どもとの争奪戦になる美味しさ!

電子レンジ1

濡らしたペーパーなどで包んでから加熱するとしっとりとした焼き芋にしあがります。

① 丸のままの紅はるかを水洗いします。

② キッチンペーパーを水で濡らして軽く絞り、紅はるかを包みます。

③ ラップ(またはビニール袋)で包み、500Wの電子レンジで1分ほど加熱します。

④ さらに200Wで10分程度加熱します。

 ※ある程度やわらかくなったら、アルミホイルで包んでオーブントースターで加熱してもOKです。

電子レンジ2

一番手軽な作り方です。

① 丸のままの紅はるかを水洗いします。

② そのまま500Wの電子レンジで30分ほど加熱します。

オーブントースター

① 丸のままの紅はるかを水洗いします。

② アルミホイルでつつみ、オーブントースターで15分程度加熱します(加熱時間は調整してください)。
  串でさしてスッとはいればOK!

 

どの方法でも甘くておいしい焼き芋ができました。

 

スタッフ一口メモ

個人的には魚焼きグリルを使う方法が甘みがより濃厚になり、また焼きあがりのアツアツ・しっとり感が味わえて好みピッタリでした。電子レンジはややさっぱりした食感で食べやすい。オーブントースターはその中間という感じです。
ただし魚焼きグリルは時間がかかりますので、すぐに食べられる電子レンジやオーブントースターもおすすめですよ。

 

 

紅はるかで手軽なスウィーツレシピ

紅はるかでスイートポテト

<材料>

紅はるか     500g(2本分くらい)
牛乳        50cc
砂糖        大さじ3
バター     80g
生クリーム 100cc
卵黄 1個分

① 紅はるかはラップをかけて電子レンジで柔らかくなるまで6~8分程加熱し、皮を剥きます。

② フードプロセッサーにかけてなめらかにします(フードプロセッサーがない場合は裏ごし)。

③ ボウルに②と牛乳・砂糖・バターを入れて混ぜ、さらに生クリームを加えてポッテリしたかたさまで練り混ぜます。

④ オーブントースターの天板にアルミカップ6個分に③を分けて入れ、別に溶いておいた卵黄を表面にハケで塗ります。

⑤ 焼き色がつくまで5分程加熱します。表面がこげるようならアルミホイルなどをのせてください。

さつまいもペースト

トーストに、ケーキに。さつまいもペーストをたくさんつくっておけば、いろいろなアレンジで楽しめます。
小分けして冷凍しておくのもオススメですよ!

<材料>

紅はるか     500g(2本分くらい)
牛乳        75cc
砂糖        大さじ3
バター     大さじ1

① 紅はるかを水から茹で、まだ熱いうちに皮をむきます。

② 裏ごしします。

③ ②の紅はるかに砂糖と牛乳を加え、火にかけます。

④ バターを加え、なめらかになるまで混ぜます。

「大分の野菜畑」といわれる大分県豊後大野市からお届け

大分県豊後大野市は、日本ジオパークやユネスコ・エコパークに認定されていることで知られています。肥沃で広大な地形から農業が盛んで多彩な野菜が栽培されており「大分の野菜畑」とも呼ばれています。

「いもや吉」の農場はこうした自然豊かな場所の小高い丘の上にあります。土づくりから、栽培・収穫・販売までをご夫婦でされています。お二人の愛情たっぷりのさつまいも「紅はるか」ぜひご賞味ください。

「紅はるか」5㎏ 5,400円(税込み・送料込み)

いもや吉のしっとり甘い紅はるか(5kg)

なおさつまいもの収穫時期は2月頃までですので、なくなり次第終了となります。それ以降4月までは紅はるかの甘さがギュッとつまった干し芋がおすすめですよ!

噛めば噛むほど甘い!紅はるかの極甘干し芋(平)2袋セット

※さつまいもは長期保存ができます。水で洗ったりせずに新聞紙に包むか、段ボール箱に入れたまま、12~14度くらいの場所で保存してください。上手に保存すると2~3か月はもちますよ。