ブログ

寒くなってきましたね。柿はいかがですか?

2021.10.22

に寒くなってきましたね。
つい最近までエアコンかけてた気がしますが、今日はついに暖房のスイッチをオンに!

カレンダーの枚数も残り少なくなり、時の流れの早さを感じます。

ところで先日、友人にカボスをたくさんもらいました。
香りがよくて酸っぱ美味しいカボス。焼き魚に絞って、大根とカキのなますにと色々活用していますが、なかなか減りません。

そこで!

とりあえず全部ギュッとしぼっておいて、製氷皿に入れて凍らせました!
これでお鍋のときなどなど、いつでも必要なときに必要な分だけとりだせます。
ナイスアイデアですねー。(写真はイメージです)

最近の冷蔵庫は製氷皿はついてないことがほとんどですが、百円ショップなどに売っていますよ。
わたしは子どもが幼い頃に使っていた離乳食冷凍用のお皿があったので、そちらを活用しました。
小さな工夫で食材を残さず使うことができそうなので、嬉しいです。

て先ほど柿のなますってお伝えしましたが、わたしは柿をサラダなどに入れるのが大好きです。

わたしの母は農家出身でお米づくりの傍ら柿もたくさん育てていましたので、秋は柿を沢山、それこそ山のように食べる季節でした(皮好きの私は丸ごと食べてました)。
というわけで柿といえば皮をむいて(あるいはむかずに)そのまま食べるのが基本でした。

しかしある日、友人の家で出してもらった食事に柿のサラダが!
大根とオレンジ色の果実を薄切りにして塩をふってレモンを絞っただけのその手軽な一品が本当に美味しくて、それ以来、柿をサラダに入れたりなますに使ったりと、さまざまなお料理に使うようになりました。

さすがに酢豚に柿を入れたときには家族に文句を言われましたが、個人的には美味しかったです。

産地の旬で絶賛販売中の柿

ま産地の旬では、美味しい柿(秋王、富有柿)を販売しております。どちらもとっても美味しいのでそのままお召し上がりいただくのがオススメですが、ときには目先をかえてこんなオシャレな一品はいかがでしょうか?

これからおせちの時期になりますが、お正月のオードブルとして彩りもよく、簡単でおすすめです!

↓クリームチーズと生ハムと一緒に

また最近SNSで話題の焼き柿(牡蠣ではありません)なども、試してみる価値アリ!の美味しさですよ。

全農広報部さんのツイートで大注目となった焼き柿。カスタードのようなクリーミーさにハマる人が続出です!
★実際のツイート★

秋の夜長に柿のアレンジ、ぜひお楽しみくださいね。

----

福岡県GAP認証取得・種なし品種で食べやすい「秋王」

甘くて柔らかい秋の果物 富有柿

秋・・・それは梨の季節

2021.10.6

早いもので10月となり秋の味覚が楽しめる季節となりましたね。

週末、近場の山に出かけたら栗がたくさん落ちていました。
子どもが大喜びで拾っていましたが、残念ながらほとんどが先客(ムシ)に食べられてしまったものばかりでした。
栗以外にドングリもたくさん落ちていて、色づき始めた樹々の葉に月日の流れのはやさを実感しております。
(おせちのテレビCMも見かけました!ちょっと早すぎ!?)。

そんな実りの季節ですが、今年は梅雨が3回あったかと思う程に雨が多く、日照時間の短さから作物への影響がでています。

実際、丹沢栗(販売終了)、筑波栗は例年に比べて収穫量が非常に少ないとのことでした。
買えなかった方がいらっしゃいましたら、大変申し訳ございません。また次年度をお楽しみにおまち下さいませ。

---

さて話は変わりまして、秋といえば梨!美味しいですよね。
シャリシャリっとした食感とともに口いっぱいに果汁があふるあの感じ・・・たまりません。
りんごも美味しくて大好きなのですが、歯ごたえが割とあるために食べるのに少し気合いを要します(個人の感想です)。

その点、梨は歯ごたえはあるものの噛むと簡単に口のなかでくだけるので、気楽に食べられる気がします。食べる前に冷蔵庫で冷やしておくと、冷たさと甘さにのどの渇きが一瞬で癒されて、まだ暑さが残るこの季節にぴったりな果実だと思いませんか?

こんなに美味しい梨ですが、ラ・フランスなどの洋ナシと比べるとちょっと地味なイメージ。でもスーパーにいくとたくさんの品種の梨、梨、梨!!一般の家庭のなかに根付いた、この時期にあって当たり前の身近な果物なんだなと感じます。

ちなみにそんな梨ですが、なんと弥生時代には食されていたとのことす。気が遠くなるほどの長きにわたって日本人の食生活を彩っているんですね。たくさんの品種があるのも、少しでも美味しい梨を・・・と探求し続けた結果なのかもしれません。

そんな愛される果物・梨にはカリウムが多く含まれていますので疲労回復のほか、血圧を下げるなどの効果があるんですよ!なおかつ整腸作用もあるそうです。美味しいうえに身体にもよいなんて嬉しいですね。

いまの時期は大きくてシャリシャリ食感が楽しめる美味しい梨、新興(しんこう)梨が出ていますのでぜひ、どうぞ!

※梨は短い期間で品種が入れ替わります。ご了承ください!

シャキシャキ食感で甘い!大きい!贈答用にもぴったりの「新興梨(しんこうなし)」5kg

ことしもクリ・栗・くりの季節♪

こんにちは。

今年は第2、第3の梅雨か!?という程、雨模様が続いていますね。

野菜や果物の日照不足、心配です。
いかに科学技術が発展しようと、お天気ばかりはどうしようもありません。
野菜や果物を手塩にかけて育てている農家のみなさまのお気持ちを思うと、本当に雨続きのお天気にやきもきしてしまうばかりです。

梨の物々交換

ところで先日、コロナ渦であまり会えない実家の親に産地の旬の美味しい「あきづき梨」を送りました。
次の日、自宅に配達の方が「こんにちは~。梨のお届けです!」
あれ?送り先を間違えた!?と見てみると、実家の両親もまたわたしに梨を送ってくれていたのでした・・・。

驚かせたいと思ってのプレゼントが、はからずも梨の交換を親子でしてしまうということに。
似た者親子ですね。梨はとっても美味しかったです。

栗の季節がやってきた!

さて9月に入って急に涼しくなり、今年も栗の季節がやってきました。
栗といえばやっぱり栗ご飯が思い浮かぶ方が多いのではないでしょうか。

栗ご飯、とっても美味しいですよね。ゴマ塩ふって何杯でも食べちゃいます!
でもただ単に茹でただけ!の茹で栗も大好きです。
テレビを見ながら1個、また1個と手に取るうちに、ふと気が付くと山盛りあったはずの栗がなくなっている!?なんてことも(笑)。
ま、美味しいからしかたないですよね。

▼ホクホク美味しい熊本産和栗(丹沢栗)

産地の旬で予約を開始した「丹沢(たんざわ)栗」は、おにぎりみたいにふっくら丸みを帯びた、かわいい栗です。
日本では筑波(つくば)栗についで栽培されている品種だそうですよ。

産地の熊本は、全国第2位の栗の生産地です。

水も空気もきれいな山間いで、ミネラル豊富な土壌と冷涼な気候を生かして栽培された栗です。そんな自然の恵みをいっぱいに受けて育った栗が美味しくないはずがありません!

加熱するときれいな黄色になりますよ。ホックホクを口に入れるとすぐにホロホロと崩れます。そんな美味しい秋の味覚の栗をぜひお楽しみください!

1つ1つ生産農家さんが選別した1粒35g以上(2Lサイズ)ばかり2キロのお届けです。
限定販売ですのでお早めにお求めください。

【贈答にも】ホクホク甘くて美味しい熊本の生栗【丹沢栗】

栗の茹で方

しっとり仕上がりますよ!

1.栗を洗って水気を切り、鍋に入れます。

2.鍋にたっぷりの水と塩*を加え、弱めの中火でじっくり茹でます。

3.沸騰したら弱火でさらに30分~40分程茹でます。

4.火を止めてそのまま置き、冷めたらザルにあげます。

*塩の量は水に対して1%程度が目安です。
(水1リットルに対して塩10g)

待ちきれない!新米の季節

田んぼの稲が青々と元気に風に揺れています。
もう少し涼しくなってくると、、、

そうです。
稲刈りの季節です!

そして稲刈りがおわると当然、新米の季節です!

ところで秋になるとスーパーでも「新米登場」などの表示をみかけます。
ではどんなお米が「新米」と呼ばれるのでしょうか。

一般的には秋ごろが「新米」のイメージですよね。でも実は「新米」とはその年に収穫したお米で、年内(12月31日)までに精米・包装されたお米を指すそうです(冬でも年内いっぱいは新米なのですね。知らなかった~)

新米がおいしいワケ

さて新米がでまわりはじめる秋は「味覚の秋」「馬肥ゆる秋」などといわれるように、美味しいものが盛りだくさんで何を食べようか迷ってしまう季節。
例えば栗やきのこの炊き込みご飯、さんま(最近は高いですね~)を焼いて炊き立てごはんと一緒にハフハフ食べる。何にも勝る御馳走です。このように豊富な美味しい食材と一緒に食べるから新米は美味しい、ともいえます。

そのほかにも新米が美味しい理由は、、

水分たっぷり、だからモチモチ・ツヤツヤ

収穫したての新米には水分がたくさん含まれています。
お米を炊く際、お米に含まれる水分によってでんぷんが糊化することによりモッチリと粘り気のあるαデンプンとかわり、ごはんに柔らかさと粘りけと旨みをプラスします。そのため炊いたごはんがモチモチ・ツヤツヤで美味しいというワケなんです。

ちなみに新米は、古米よりも水を少なめに加減して炊いたほうがよいと言われています。でも最近はお米の保存技術が向上しているため必要ないそうですよ(これもまた知らなかった~)

なお「産地の旬」でお取り扱いししております「山つきのお米」では、注文受付後に農家さんが直接精米してお届けしています。このためコーヒー豆じゃないですけど挽きたてフレッシュで酸化が進んでなく、美味しいんですよ。

【農薬不使用】山つきのお米・ヒノヒカリ(2kg/5kg)

※ヒノヒカリの新米登場は例年10月下旬頃となっています。

いまが旬!ぶどうの季節

暑い夏もお盆が近づいてきますと、気温は高いのですが少しずつ少しずつ秋の気配が忍び寄ってきます。

そんな季節が近づいてくると、お店に巨峰やシャインマスカットなどが並び始めます。
水洗いしたフレッシュなぶどうはコクがあって甘くてジューシー、苦手という人はほとんどいない印象です。
特にお子さまにとっては、ジュースやグミなどのお菓子もブドウ味を選ぶことが多く、大人気です。

そんな大人気のぶどう、味だけではなく栄養もたくさん含まれています。
なかでもぶどう糖は、疲労回復に役立つとされ、夏につかれたカラダにエネルギーをあたえます。またぶどう糖や果糖などの糖質は、脳に直接働きかけ、脳の働きを活発にし、集中力を高めます。お仕事やお勉強で疲れたな―ってときに、ぶどう1粒、ぜひお試しください

またビタミンやミネラル、目の働きによいとされるアントシアニンなどのポリフェノールも含まれています。

「シャインマスカット&かいじの夢の豪華セット」登場!

フルーツの里、福岡県うきはからマスカットの抱き合わせセットが産地の旬に初登場しました。

なんとシャインマスカットと甲斐路(かいじ)が1房ずつ、計2房で約1.5キロ!
単純に計算しますと、1房が約750gにもなります。ちょっとすごいですよね。どちらかが小さければ、もう一方は大きいというようにサイズは調整することもありますので、ご了承ください。

大人気商品ですので8月15日までで予約受付は締め切らせていただきます。
ご注文はお早めにお願いいたします。

うきはのマスカット食べ比べ!【シャインマスカット&甲斐路】

シャインマスカット

近年大ブームの大玉マスカット「シャインマスカット」はご存知の方も多いと思います。

もうすっかり浸透した感のあるシャインマスカットですが、品種登録は2006年とまだ新しい品種です。
「安芸津(あきつ)21号」(「スチューベン」×「マスカット・オブ・アレキサンドリア」)に「白南(はくなん)」をかけあわせることで誕生しました。

一粒のサイズは巨峰と同じくらいに大きいのですが皮が薄いため、パクリとかぶりついてパリっと皮ごと果肉を齧りとることができます。なんと糖度は20度以上もあるんですよ。ほおばったときに口いっぱいに広がるマスカットの豊かな香りも格別です!
フルーツというよりもはや生デザートというくらい甘くてジューシー、美味しくて魅力的なぶどうです。

甲斐路(かいじ)

赤系マスカットの甲斐路は、シャインマスカットほどメジャーなぶどうではありません。
「紅いマスカット」ともよばれ、フレーム・トーケ×ネオマスカットをかけあわせて誕生した品種で、名前の通り山梨で誕生しました。
少し楕円がかった形で赤紫色の果実は甘みと酸味のバランスがよく、上品な香りのマスカットです。ワインなどの加工品も人気なんですよ!

糖度が非常に高く、一粒まるごと噛みしめるとサクッとしたハリのある皮の食感のあと、濃厚なコクと豊かな甘さが広がります。種も入っていますが、ラッキーな場合は(!?)種がないこともあるようです。

ぶどうの保存方法

ぶどうを冷蔵庫での冷やしすぎると、甘みが感じにくくなりますのでご注意ください。食べる2~3時間くらい前に冷蔵庫から取り出しておきましょう。
なお一度に食べきれなくてなるべく長くとっておきたいということもありますよね。
私が母から教わった方法は、1粒ずつハサミで切る、という方法です。

1粒ずつ冷蔵保存

  • キッチンばさみなどでぶどうを1粒ずつ切り離します(手でちぎると皮が破れるのでハサミで)。
  • ペーパータオルや新聞などでくるみ、保存容器に入れて冷蔵庫に入れます。

なおぶどうはブルームという白い粉のようなものに覆われていることがあります。このブルームはぶどうの保存性を高めますので、ぶどうは水洗いせずに保存し、食べる直前に水洗いをするのが保存のコツです。

冷凍でも

1粒ずつ切り離して水洗いしたぶどうを、よく拭いてから冷凍庫に入れておきます。これだけで簡単、ぶどうのシャーベットのできあがり!冷蔵保存より日持ちもしますし、いつでもパクリ美味しいシャーベットが食べられますよ。

新登場!選べるキムチ

こんにちは。
蒸し暑い日が続いていますね。
体調を崩しやすい季節ですが、元気にお過ごしでしょうか?

わたしは仕事から帰るなり、ついついアイスを頬張ってしまいます。
美味しくてやめられませんが、お腹の調子は下降気味。
子どもの頃、親からは「冷たい飲み物は噛んで飲め。」と言われたものです。
冷たいものはなるべくゆっくり口にするよう、心がけたいですね。

ところでインドやベトナムなど暑い国の人たちの食べ物はというと、カレーなど香辛料のきいた辛いものが浮かびます。暑い国ではなぜ、辛い食べ物を食べるのでしょうか。
それはカレーなど香辛料たっぷりのHOTな食べ物を食べると汗をかきますよね?発汗して体内の熱をだすことで熱中症などを防ぐ助けになるのだそうです。辛い食べ物は暑い国の人々の生きる知恵でもあるのですね。

 

さて「辛い」といえばキムチ(ちょっと強引ですが)。
この度、博多で地味にコツコツと60年もの長きにわたってキムチを作り続けている「ヒグチ食品」から

選べる4種類!お好みキムチ』が登場しましたー!パチパチ!!

 

美味しいキムチ、辛いキムチで暑い夏を元気に乗り越えましょう!

【福岡】選べる4種類!お好みキムチ

 

「選べる4種類!お好みキムチ」は8種類ものバラエティ豊かなキムチのなかから、「これ食べてみたい」「これパパが好きそう」、などなど4点を自由にお選びいただけます。

つまり

一度のご購入で4つの異なる味わいをお楽しみいただけるのです!

8種類のラインナップには、定番の白菜キムチからめかぶキムチ、らきょうキムチなどのちょっと珍しいキムチまでありますよ。ぜひ商品ページでチェックしてみてくださいね。

通販でご購入の場合、自分好みのものが届くか心配、という方もいらっしゃいます。その点「選べるキムチ」は一度に4点選べますので、ちょっと安心ですね。
自分が好きなキムチが分かったら、その後はお好きなキムチばかりを4点詰め合わせることもできますよ。

なおどのキムチを選べばいいかわからない、、、という場合は、お任せで4点詰合せてお届けいたします。

ぜひ『選べる4種類!お好みキムチ』よろしくお願いいたします。

【福岡】選べる4種類!お好みキムチ

 

博多名物「おきゅうと」の話

突然ですが「おきゅうと」ご存知ですか?

かつて博多で日常的に食卓にのぼり、親しまれていた食べ物の名前です。

先日、スーパーの鮮魚コーナーで板こんにゃくのようなプルプルのおきゅうとを発見!

しかも、なんと

100円!!

いままでおきゅうとの存在を知ってはいましたが、スーパーで見かけたのははじめてです。
買いやすい価格もあり、思わずお買い上げ!

食べ方も知らなかったので、かまぼこのように1㎝幅くらいに切って酢味噌で食べてみました。

ぱくり。
もぐもぐ。

「これは、、、トコロテンだ!」

若干トコロテンよりは弾力が感じられますし、柔らかく口の中でほどけていくような食感は少しトコロテンとは異なっていましたが、味はトコロテンそのもの。夏向けのさっぱりとした味わいでしたよ。

お救人!?

いまはかつてほど食べられてはいない「おきゅうと」。

名前の由来は定かではありませんが「お救人」、「浮太」、「沖独活」などとも表記されるそうです。
これは江戸中期の享保の大飢饉の際に、人々の飢えをいやしたことから名づけられた、という説もあるそうです。真偽の程は分かりませんが、古くからある食べ物なのですね。

生まれも育ちも博多っ子の親類(80代)に聞きますと、かつては

「おきゅうと~、おきゅうと~♪」

と節を回しながら市中を売り歩く行商人がいたとのことで、よく買っては食べていたそうです。
いまは原料である海藻の「エゴノリ」が不漁や、食生活の変化とともに見かけなくなってしまいました。

スーパーで見かけたおきゅうとで、かつての食文化を少しだけ知ることができ、100円で得した気分です!
ちなみにおきゅうとは、トコロテンのように細長く刻んで、かつおぶし、しょうが、醤油などで食べていたそうです。

次はその食べ方でチャレンジしてみたいと思います。

5月も終盤に差し掛かって暑さがまし、おきゅうとのようなさっぱりした食べ物や冷たい飲み物が欲しくなる季節です。

喉がかわいたときには冷た~く冷やした「茂木びわ」がオススメです。

ジューシーな果物でうるおいを補給しつつ、夏に不足しがちなミネラルも一緒にとることができますよ!

長崎県産 茂木びわLサイズ【1㎏・家庭用】

タケノコ名人の下茹方法

毎年恒例のイベント、たけのこ掘りにいってきました!
場所は、福岡市のはずれにある親戚の家の裏山です。

たけのこの山に入るだけで息が上がる我が家のメンバー。一方たけのこ名人(80代)は鍬をかついでスタスタと山を行きます。
いざ目指す場所につくと、我が家がやっと1本見つけて掘るあいだに、名人は掘って掘って掘りまくり、3本、いや5本くらいはたちまちGET!です。

経験のなせる技には本当にかないません。

自分が掘ったかのようなドヤ顔の子(小学生)

たけのこの下茹♪

堀ったたけのこはその場で皮をはがして家に持ち帰り、すぐにこのような大鍋で茹でました。

とにかく手際がすごいです。

ある程度のサイズにカットして水洗いし、そのまま鍋にポイポイと投下。
水をヒタヒタ程度に入れて、たけのこの間に鷹の爪(唐辛子)をそのまま7本くらい入れます。

そして茹でている間に、あくとり用のぬかの準備。

ぬかは100円ショップで買った布のエコバックにかなりの量を入れます(写真で6カップ分程入れました)。

そして袋の口をギュッと結び、バッグの中のぬかを平な状態にして、結び目を上にしてたけのこにふたのようにかぶせます。
(写真の薄茶色のものが、ぬかの入ったバッグです。この後全体を覆うように広げました)。

このぬか入りのバッグが落し蓋がわりとなり、あくもぬけて一石二鳥とのこと。目から鱗の名人技です。

そのまま1時間ほどグラグラと煮込んで下茹で終了。

あっという間の作業でしたが、気が付くとタケノコ堀開始から下茹で完了まで4時間ほど経過していました。

わたしはほぼ、タケノコの皮むきしかしていませんが、、、疲れました~。

でもこれで美味しいたけのこご飯が味わえるので、疲れるけれど気分は上々です。

ちなみにこの日の夕食メニューです。

  • たけのことお揚げ入り炊き込みご飯
  • タケノコとわかめのお味噌汁
  • たけのこの煮物(イリコ煮)
  • 豚肉とたけのこ・ナスの味噌炒め
  • キャベツとリンゴのサラダ

残りのたけのこはカットしてすぐ使う分は冷蔵庫へ、それ以外は冷凍庫へ。
しばらくはたけのこ料理が楽しめそうで楽しみです。

夕食づくりの失敗談

新学期がはじまり、子どもは元気に登校をはじめました。
なんとこれまで学年3クラスだったのが、1クラス増えて4クラスになったとのこと。
少子化のご時世なのに校区では子どもの人数が増えているのかな?ありがたいことです。

うちの子を含め、ご近所の公園では学年が異なる子ども同士、みんなでワーっと遊んでいるのでちょっと昭和感があり、住みやすいと感じています。これもありがたいことです。

--

さて先日、夕ご飯に蒸ししゃぶをしました。

材料はキャベツ、水菜、ニンジンなどの家にある野菜と豚肉。刻んだ野菜の上に豚肉をのっけて蒸す!そしてゴマドレやポン酢などとともに食す!

簡単で美味しい~。

食べ終わったあと、お鍋の底に蒸したときにでた水分が残っていたので、次の日にお味噌汁のお出汁しとして使いました!

これが大好評!!!

味に深みがでて、かつ食べやすいし、出汁をとる手間も省けました。子どもも「美味しい!」と珍しくおかわりまで。

というわけで味をしめ、ブロッコリーのゆで汁を使って再度トライ。

・・・してみたのですが、子どもが今度は「今日のお味噌汁は美味しくない」とのこと。

わたしも食べてみたら、「しょっぱい」

ブロッコリーを茹でるときに塩を入れていたのを忘れてしまっていたのでした。

教訓

ちゃんと味見をしましょう。

潮風ニューサマーオレンジ登場!

さて潮風ニューサマーオレンジが、今年も登場します。

美味しい果実を狙ってやってくるひよどりの襲来にも負けず、今年も美味しく実っているそうです。

海の恵み・山の恵みいっぱいの柑橘は、ふんわりとした噛み応えのあとにさわやかな甘さがジュワ―っ。まるで宝探しのような味わいです。ぜひお試しください!

潮風ニューサマーオレンジ(福岡県・志賀島)

タケノコでごはん

先日、早くもたけのこをいただきました。
ありがたいことに毎年いただくのですが、今年は早い!!2月にあちこちでつくしが顔を出していたので、全体的に例年よりも早くに山菜が採れるのかな?という気がします。
この分だと蕨(わらび)も早いのかな?
いつもゴールデンウィークに採りに行くのですが..。

ともあれ確実に四季が巡っていますね。
新年度から新天地でドキドキ・ワクワクの方もいらっしゃるでしょうね。
どなたも身体に気を付けて、がんばっていただきたいです。

////////////////

ところでいただいたたけのこは、孟宗竹(モウソウチク)です。

「このたけのこが育ったら、かぐや姫が入るかもー」などと冗談を言っていたら、
「かぐや姫の時代(平安時代?)には孟宗竹はまだなかったので、真竹(マダケ)である」みたいな指摘を家人から受けてしまいました。

そんなん知らん、と思った私でした(笑)

////////////////

たけのこのあく抜きと下処理

さて立派なたけのこを3つもいただいたので、とりあえずあく抜きをしました。
この作業だけはどんなに面倒でもなるべく早めにしたほうが、美味しいです。

たけのこのあく抜きで使われるのは

・米ぬか ※たけのこの時期はスーパーで売っていたりします
・重曹
・米のとぎ汁 ※いつも取っておくのを忘れてしまいます
・灰
・大根おろし

などなど。わたしは大体、お茶用パック(不織布)にお米をひとつまみ入れて使います。

あく抜き(私の場合)

①たけのこの皮に包丁で切れ目を入れてからバリバリと剥き、4分の1くらいにカットします。

②大きめの鍋に水をはり、タケノコ、お米、あれば鷹の爪(種は抜く)を加えて、あくを取りながらグツグツ煮ます。

③1時間くらいグラグラ煮たら(吹きこぼれないよう注意!)、10年前にもらった古いタイプの保温鍋に入れて次の日の朝まで(6,7時間)放置し、水洗いしたら小分けして冷蔵庫へ入れます。

※保温鍋がない場合は、弱火にしてさらに30分~40分ほどグツグツとしたあと同様に放置しております。

煮ているあいだは時々あくをすくったり、水を足したり、タケノコをひっくり返したりと目を配ってくださいね。

大根とたけのこ、豚肉の味噌煮

<<材料>>

材料:大根、タケノコ、豚バラ肉(かたまり)

調味料:出し汁、しょうゆ、砂糖、みりん、みそ、オイスターソース

※分量はお好みで

<<作り方>>

①大根は2㎝くらい厚さのいちょう切りにします。

②たけのこ、豚バラ肉も大根と同じくらいの大きさに切ります。

③大根はレンジに5,6分ほどかけます(下ゆでのかわり)。

④フライパンにサラダ油をしき、豚バラ肉をいためます(両面に焼き色がつけばOK)。

⑤鍋に大根、タケノコ、豚肉を入れ、ひたひたにだし汁を入れます。

※ 鶏肉の煮汁があったので、今回はそれで煮ました。

⑥しょうゆ、みりん、砂糖を加えて煮ます。沸騰したらアクをとり、みそをとき入れます。ふたをして火を弱めたらさらに煮込みます。

⑦味をみながらオイスターソースを加えます。さらにグラグラとひと煮立ちさせたら火をとめて冷まします。

※さます過程で味が染み込みます。

<<本日のメニュー>>

・ごはん

・たけのこと大根、豚肉の味噌煮

・水菜とツナ、トマトのサラダ

・タケノコのお味噌汁